動画付【新設】新型コロナに関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金

2020-06-15

妊娠中の女性労働者の休暇についての助成金が新設されました。

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置として、 医師または助産師の指導により休業が必要とされた妊娠中の女性労働者に有給の休暇を5日以上与えた場合(制度を整備・周知の上)、25万円が助成されるものです(20日以上の場合さらに加算あり)。

正規・非正規問いません。
期間が限られておりますが、該当する方がいらっしゃる場合は積極的な運用をご検討ください。

☆弊所で動画作成致しました☆

<新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置とは>
妊娠中の女性労働者が、保健指導・健康診査を受けた結果、その作業などにおける新型コロナウイルス 感染症への感染のおそれに関する心理的なストレスが母体または胎児の健康保持に影響があるとして、 医師や助産師から指導を受け、それを事業主に申し出た場合、事業主に、休業など必要な措置を 講じることを義務付ける措置。適用期間は、令和2年5月7日から令和3年1月31日まで。

詳細厚労省HP

Copyright(c) 2020 ことり社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.